私の法律事務所の願い

 私達の事務所は「庶民」の法律事務所です。
庶民とは、国語辞典では「世間一般の民衆、大衆」とされています。法律のことでお困りになっている世間の民衆の人達のためのお力になりたいと願っている法律事務所です。

 

 いつの世、いつの時代でも、社会を支えているのは名もない「庶民」ですが、私達はそのような人達とともに腕を組み、手をたずさえて歩みたいと思っています。

 

 さて、平成31年2月1日から、出口治男と中田良成は新しい事務所を立ち上げました。中田は、平成10年4月葵法律事務所で弁護士としての第一歩を歩み出し、同21年6月新しい地平を求めて葵法律事務所を退所独立し、以来平成31年1月末まで自身の事務所を経営してきました。そして、このたび縁あって葵法律事務所時代に共に仕事をしていた両名で共同事務所を立ち上げることになりました。出口も中田も取り扱う事件の幅が広く、又経験も豊富ですので、様々な皆様のご要望に的確、迅速に応えることができると思っています。今後ともこれまで同様二人に対してよろしくお願い申し上げます。

 

弁護士 出口治男

弁護士 中田良成